陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
ここ数年、飛行機に全く乗らずして1年で30万マイルも稼ぎ出す「陸マイラー(おかマイラー)」が多数誕生しているのをご存知でしょうか?

ANA VISA ワイドゴールドカード

ANA VISA ワイドカードワイドカードにゴールド属性を追加したのがこの「ANA VISA ワイドゴールドカード」です。15,120円と年会費が少々高くなっていますが、各空港に設置されたいわゆる「カードラウンジ」を無料で利用することができます。少し早目に空港に行って、ラウンジでくつろぐも良し、ノートPC開いて仕事をするも良しです。

ワイドカード同様、国際線チェックインの際、がら空きのビジネスクラス用チェックインカウンターを利用できます。もうあのエコノミークラスの長蛇の列に並ぶ必要はありません。

そして、もうひとつ嬉しいのが、このカードに付帯する「国内・海外航空機遅延保険」です。例えば「搭乗予定の飛行機が欠航になってしまい、現地にもう一泊しなければならなくなり宿泊代が発生した。」そんな時にこの保険が補償してくれます。

年会費・特典・補償内容のバランスが非常に良くとれていて、ある意味ひとつの「完成形」に近いクレジットカードと言えると思います。

マイル

入会時と更新時(毎年)に2,000マイルのボーナスマイルが貰えます。さらに、ANA便搭乗時に区間基本マイルの25%のボーナスマイルが貰えます。

このカードの最大のメリットは何といってもクレジットカードのポイントをANAのマイルに交換する際にかかる手数料が無料であることです。ワイドカードで6,480円支払ってマイルに交換するぐらいなら思い切ってこのワイドゴールドカードにしてしまうのも良い手かもしれません。

旅行傷害保険

旅行傷害保険を見るポイントは3つあります。

  1. 各々の保険が自動付帯(カードを使ってなくても補償される)か利用付帯(カードを使っていないと補償されない)か
  2. 海外旅行傷害保険の傷害・疾病治療費用(旅先での病院代)
  3. 家族特約(会員以外の配偶者や子供の保険が付いているか)の有無
学生カード、一般カード、ワイドカードとVISA/JCBで同一の補償内容だった旅行傷害保険ですが、ワイドゴールドカードから補償内容が異なってきます。

VISAの場合、このワイドゴールドカードから多少手厚く補償されてるようになっています。海外旅行時の傷害・疾病治療費用に150万円の自動付帯の保険がついていますので、ご自身が病気になって病院にかかるような事があっても金銭的心配は無用です。さらに、家族特約の傷害・治療費用に50万円の自動付帯保険が付いています。旅先で子供が病気になったとしても50万円迄補償されるので、別途保険に加入する必要はありません。ただし、JCBの補償額200万円と比べるとやや補償が薄い感がありますので、不安な人は追加で保険に加入するか、別のカードと併用するとよいかもしれません。また、このワイドゴールドカードから飛行機を使わない陸路の国内旅行傷害保険もサポートされています。

ANA VISA ワイドゴールドカード入会はこちら
家族会員の有無と年会費
年会費
15,120円
11,340円 ※マイ・ペイすリボ登録時
家族会員(年会費)
4,320円
2,700円 ※マイ・ペイすリボ登録時
電子マネー
登載済(カード内蔵型)電子マネー
iD Edy
利用可否とマイル付与状況
○ iD1,000円=1ポイント=10マイル(1%)
× QUICPay利用不可
△ 楽天Edyチャージ可能だがポイント付与無し
△ nanacoチャージ可能だがポイント付与無し
× WAONチャージ不可
× Suicaチャージ不可
△ モバイルSuicaチャージ可能だがポイント付与無し
× PASMOチャージ不可
マイルを貯める
マイル交換
10マイルコース
1,000円=10マイル(1.0%)
交換手数料 0円
ボーナスマイル
25%
カード入会時・更新時(毎年)ボーナスマイル
2,000マイル
付帯保険
海外旅行傷害保険
付帯形態自動付帯
死亡5,000万円
後遺傷害150万円~5,000万円
傷害・疾病治療費用150万円
賠償責任3,000万円
携行品損害50万円
救援者費用100万円
海外旅行保険(家族特約)
付帯形態自動付帯
対象範囲(1) 本会員と生計を共にする19歳未満の親族
(2) 本会員と生計を共にする19歳未満の未婚の子
死亡1,000万円
後遺傷害30万円~1,000万円
傷害・疾病治療費用50万円
賠償責任1,000万円
携行品損害15万円
救援者費用50万円
国内航空傷害保険(航空機搭乗中のみ)
付帯形態自動付帯
死亡5,000万円
後遺傷害150万円~5,000万円
入院日額(最高180日)1万円
通院日額(最高90日)2,000円
手術/1回10万円/20万円/40万円
国内旅行傷害保険(航空機搭乗中以外)
付帯形態自動付帯
死亡5,000万円
後遺傷害150万円~5,000万円
入院日額(最高180日)5,000円
※フランチャイズ7日
通院日額(最高90日)2,000円
※フランチャイズ7日
手術/1回5万円/10万円/20万円
国内・海外航空機遅延保険
乗継遅延2万円
出航遅延1万円
委託手荷物遅延1万円
委託手荷物紛失2万円
ショッピングガード (購入から90日以内の故障・紛失等を補償)
海外300万円
国内300万円
自己負担3,000円
上級会員向け特典
優先搭乗
無し
手荷物の優先取扱い
無し
手荷物許容量Up
無し
ラウンジ
○ 国内カードラウンジ
× 国内線ANAラウンジ
× 国際線ANAラウンジ
× Priority Pass
チェックインカウンター
× 国内線専用チェックインカウンター
× 国際線専用チェックインカウンター
○ 国際線 ビジネスクラス用チェックインカウンター
保安検査場
× 国内線専用保安検査場(羽田・新千歳・伊丹・福岡)
× 国際線専用保安検査場(羽田・成田)
手荷物無料宅配サービス(出発時)
無し
手荷物無料宅配サービス(帰国時)
無し
ショッピング
空港内免税店での割引
10% OFF
空港内店舗「ANA FESTA」での割引
10% OFF
ANA機内販売での割引
10% OFF
「ANAショッピングA-style」での割引
5% OFF
ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアースでの割引
5% OFF
ANA VISA ワイドゴールドカード
ANA VISA ワイドゴールドカード入会はこちら
ひとつ上のランクを狙うなら
ANA VISA プレミアムカード
同じランクの別ブランドを選ぶなら
ANA JCB ワイドゴールドカード
ANA ダイナースカード
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
 他の陸マイラーさんたちはこちら 
にほんブログ村へ
ひともし
作成日 2015年07月12日 09時40分
更新日 2016年12月13日 07時26分
2813文字
このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメのカード
 No.1 ANA VISA ワイドゴールドカード 
ANA VISA ワイドゴールドカード航空便遅延保険が付帯して、1ワールドポイントが10マイルに無料で交換可能。空マイラー・陸マイラー共に大活躍の1枚!! SFCとの相性も抜群!!
 No.2 ソラチカカード 
ソラチカカード全ANAマイラー必携の一枚。圧倒的なマイル交換率90%で他のカードを寄せつけない存在感。
 No.3 ANA VISA ワイドカード 
ANA VISA ワイドカードビジネスクラス用カウンターでの余裕のチェックインや25%ボーナスマイル等、圧倒的なコストパフォーマンスを発揮!!
 No.4 楽天カード 
楽天カード陸マイラー御用達の永年年会費無料の楽天カード。持っているだけでもお得。買い物は楽天中心にしてANAマイルを稼ぎ出せ!! 8,000ポイントプレゼント実施中を狙え!!
 No.5 エポスカード 
エポスカード年会費無料にもかかわらず270万円もの疾病治療費用補償自動付帯で付く心強いカード。補償が足りないANAカード持ちはセカンドカードとして持つべし!! 今なら5,000ポイントプレゼント実施中!!
 No.6 JCB EITカード 
JCB EITカード年会費永年無料で疾病治療費用補償自動付帯で付く2枚目のカード。補償が足りないANAカード持ちは3枚目のカードとして持つべし!!