陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
ここ数年、飛行機に全く乗らずして1年で30万マイルも稼ぎ出す「陸マイラー(おかマイラー)」が多数誕生しているのをご存知でしょうか?

EPOSカードとEITカードは死蔵してでも持つべき理由。年会費無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯!!⚡

このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードには海外旅行傷害保険が付帯している場合が多いですよね。特にANAカードやJALカード等の航空系クレジットカードには必ずと言っていいほど付帯しています。でもその補償額をよく見て下さい。本当にその海外旅行傷害保険、補償は充分ですか?

死亡時の保険金は実はあまり必要無い

よくあるのは死亡時の保険金だけとりあげて、「○○カードは旅行傷害保険が1億円!」などとうたっているケースですが、死亡時の保険金は実はあまり重要ではありません。万が一死亡した場合、残された家族が生活していくお金が必要だというのであれば、「旅行」にしか適用されないクレジットカード付帯の旅行傷害保険なんかにたよらず、きちんとした生命保険に加入し、その保険で必要額をカバーすべきです。

では、なんのために海外旅行傷害保険に死亡保険が付いているのでしょう?それは海外で死亡した際にプラスで必要となる遺体の処置費および搬送費のためです。500万円、ちょっと多めに見積もっても1,000万円もあれば充分です。この程度であれば、ANAカードやJALカード等の学生カード、一般カードでも充分カバーしています。

海外旅行傷害保険の死亡時の保険金例
ANA VISA学生カード1,000万円
ANA VISA一般カード1,000万円
ANA VISAワイドカード5,000万円
ANA VISAワイドゴールドカード5,000万円
ANA VISAプレミアムカード1億円

また、もう一つよくある勘違いに、死亡時保険金は所有しているカード枚数だけ貰えるというのがあります。これは違います。死亡時保険金は所有しているカードの中で最も高額な補償金額までしか貰えません。例えば、死亡時保険金が1億円と5,000万円と2,500万円のクレジットカードを合計3枚所持していたとすると、死亡時に貰える金額は1億7,500万円ではなく、1億円です。つまり、死亡時保険金に関して言えば、クレジットカードは1枚あれば充分なのです。

重要なのは海外旅行傷害保険の傷害・疾病治療費用

では、海外旅行損害保険で本当に重要なのは何なのでしょうか。それは「傷害・疾病治療費用」です。海外旅行先で一番困るのは怪我や病気で病院にかかる時です。国民皆保険制度が施行されている日本と違い、海外では医療費の全額を支払う必要にせまられます。しかもかなり高額です。もし渡航先で盲腸になって入院・手術したらどれくらいの費用が必要かご存知でしょうか。もちろん国によって異なりますが、およそ100万円程度かかると言われています。交通事故にあって生死を彷徨うような大手術など受けたら気が遠くなる程の料金を請求されることになります。

この傷害・疾病治療費用は、死亡時保険金と異なり、適用されるカードが複数あれば合算して補償されます。例えば、補償額300万円のカードと、補償額100万円カードがあれば、合計の400万円まで補償されます。ただし、合算できるのは旅行代金を支払った利用付帯のカードか、自動付帯のカードの保険に限ります。

「利用付帯」とはそのクレジットカードを旅費の一部(空港への電車賃等でもOK)でも良いので利用することで初めて保険が有効になるもの指し、「自動付帯」とはそのクレジットカードを旅費として全く利用していなくても、保険が有効になるものを意味します。

傷害・疾病治療費用が自動付帯となっている貴重なクレジットカード

そういう意味でも、傷害・疾病治療費用が自動付帯となっているカードの付加価値は非常に高くなります。通常はゴールドカードクラスあたりから自動付帯となっているようです。

海外旅行傷害保険の傷害・疾病治療費用の補償額例
ANA VISA学生カード無し
ANA VISA一般カード無し
ANA VISAワイドカード150万円(自動付帯)
ANA VISAワイドゴールドカード150万円(本人分・自動付帯)、50万円(家族分・自動付帯)
ANA VISAプレミアムカード500万円(本人分・自動付帯)、500万円(家族分・自動付帯)

しかし、そんな中で、年会費永年無料にもかかわらず、傷害・疾病治療費用が自動付帯で補償されるクレジットカードが2枚存在します。

EPOSカード(エポスカード)
エポスカードという名に聞きなれないかもしれませんが、かつての「赤い丸井のカード」と言えば懐かしさを感じる方も多いのではないでしょうか。エポスカードとして生まれ変わった赤いカードは、傷害・疾病治療費用が自動付帯で270万円も補償されています。しかも年会費永年無料です。

おっと待って下さい。EPOSカードはポイントサイトにも掲載されており、ポイントサイト経由で申し込んだ方がお得ですよ。陸マイラーの間では常識ですよね。「ポイントサイト?陸マイラー?何それ?」という方は以下の記事をご覧下さい。

陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
ここ数年、飛行機に全く乗らずして1年で30万マイルも稼ぎ出す「陸マイラー(おかマイラー)」が多数誕生しているのをご存知でしょうか? 仮にあなたも年間30万マイル稼ぐことができたとしたらそのマイルで何が...

JCB EITカード(エイトカード)
JCBのリボ払い専用カードで、8つのメリットがある事から「エイトカード」と名づけられました。傷害・疾病治療費用が自動付帯で100万円補償されています。もちろんこのカードも年会費永年無料。

EITカードは本記事執筆時点ではポイントサイトに掲載されていないようです。申し込みは上記リンクからどうぞ。

これら2枚のクレジットカードの合計額である370万円もの自動付帯の傷害・疾病治療費用補償と、あなたが所有しているメインのクレジットカードの傷害・疾病治療費用補償を合算すれば、安心して海外旅行にも行ける補償額になったのではないでしょうか。

年会費無料で自動付帯ということは死蔵でもOK

いずれも年会費永年無料で、傷害・疾病治療費用補償が自動付帯ということは、死蔵していても構わないということを意味します。わざわざ1年に1回以上利用するとか、旅行代金をそのクレジットカードで決済しなければならないということは一切ありません。

まとめ

クレジットカードの保険で重要なのは死亡保険金ではなく、傷害・疾病治療費用補償にあります。そしてその補償が利用付帯ではなく、自動付帯だと非常に利便性があがります。そのカードを入手後、タンスの奥にしまっておいたとしても海外旅行の際には自動的に保険が有効となるからです。

EPOSカードとEITカードは陸マイラーの人はもちろん、陸マイラーでない人にとっても、手薄になりがちな傷害・疾病治療費用補償をしっかりとカバーしてくれる、それでいて年会費永年無料とメリットしか存在しないカードになっています。

 他の陸マイラーさんたちはこちら 
にほんブログ村へ
マイレージ ブログランキングへ
カンポ・デル・パンターノ
作成日 2017年07月22日 09時55分
更新日 2017年08月16日 23時08分
2865文字
このエントリーをはてなブックマークに追加