陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
ここ数年、飛行機に全く乗らずして1年で30万マイルも稼ぎ出す「陸マイラー(おかマイラー)」が多数誕生しているのをご存知でしょうか?

旅行傷害保険を比較するポイント

旅行傷害保険を見るポイントは3つあります。

  1. 各々の保険が自動付帯か利用付帯か
  2. 海外旅行傷害保険の傷害・疾病治療費用
  3. 家族特約の有無

よくあるのは死亡時の保険金だけとりあげて、「○○カードは旅行傷害保険が1億円!」などと謳っているケースですが、死亡保険金は保険の比較対象にはなりません。死亡した際、残された家族が生活していくお金が必要だというのならば、「旅行」にしか適用されないクレジットカード付帯の旅行傷害保険なんかにたよらず、きちんとした生命保険に加入し、その保険で必要額をカバーすべきです。

では、なんのために海外旅行傷害保険に死亡保険が付いているのでしょう?それは海外で死亡した際にプラスで必要となる遺体の処置費および搬送費のためです。500万円、ちょっと多めに見積もっても1,000万円もあれば十分です。この程度であれば、学生カード、一般カードでも十分カバーしています。ですから、この死亡保険金はあまり比較の対象にはならないのです。

自動付帯 vs 利用付帯

保険を比較する際に最初に見るべきは、その保険が自動付帯か利用付帯かの違いです。利用付帯を先に説明すると、そのカードで旅行代金の一部を払っている場合にのみ補償する保険です。飛行機代やホテル代でもいいですし、自宅から空港までの電車賃でもかまいません。とにかく1円でもいいのでそのカードを利用して旅行をしているときにのみ有効になる保険のことを利用付帯と呼びます。一方、自動付帯は旅行代金の一切をそのカードで払っていなくても補償しますよという意味です。

海外旅行傷害保険の傷害・疾病治療費用

次に見るのが海外旅行傷害保険の傷害・疾病治療費用です。海外で一番困るのは怪我や病気で病院にかかる時です。国民皆保険制度が施行されている日本と違って、海外では医療費の全額を支払う必要にせまられます。もし渡航先で盲腸になって入院・手術したらいくらかかるでしょうか。100万円はみといたほうが良いでしょう。交通事故にあって生死を彷徨うような大手術など受けたら気が遠くなる程の料金を請求されることでしょう。

この傷害・疾病治療費用は適用されるカードが複数あれば合算して補償されます。例えば、補償額300万円のカードと、補償額100万円カードがあれば、合計の400万円まで補償されます。ただし、合算できるのは旅行代金を支払った利用付帯のカードか、自動付帯のカードに限ります。ちなみに死亡保険金は一切合算されず、対象カードの中の最高額しか補償されません。

そういう意味でも、傷害・疾病治療費用が自動付帯となっているカードの付加価値は高くなります。通常はゴールドカードクラスあたりから自動付帯となっているようです。そんな中、年会費永年無料にもかかわらず270万円もの傷害・疾病治療費用が自動付帯で補償される、「エポスカード(旧丸井カード)」は是非とも1枚持っておきたいカードですし、「JCB EIT(エイト)カード」も年会費無料ながら100万円の傷害・疾病治療費用補償が自動付帯で付いていますので、持っておいて損は無いカードです。

家族特約

sihinsatsu.jpg最後に見るべきポイントは家族特約の有無です。家族特約とは、カード会員の家族や親族などを補償する保険のことをさします。ここでも見るべきポイントは死亡保険金ではなく、傷害・疾病治療費用です。例えばANA VISA ワイドゴールドの家族特約の傷害・疾病治療費用の補償額は50万円。ANA JCB ワイドゴールドの家族特約の傷害・疾病治療費用の補償額は200万円となっています。保険という観点でどちらが優秀なカードか一目瞭然ですね。

たった50万円しか補償されていないVISA利用者の取るべき手段を考えると、

  1. 追加で保険に加入する
  2. 自動付帯かつ家族特約の充実したクレジットカードを所有する
  3. 利用付帯かつ家族特約の充実したクレジットカードを実際に利用する
のどれかになるでしょう。

 他の陸マイラーさんたちはこちら 
にほんブログ村へ
ひともし
作成日 2015年07月22日 22時32分
更新日 2016年10月26日 19時39分
1757文字
このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメのカード
 No.1 ANA VISA ワイドゴールドカード 
ANA VISA ワイドゴールドカード航空便遅延保険が付帯して、1ワールドポイントが10マイルに無料で交換可能。空マイラー・陸マイラー共に大活躍の1枚!! SFCとの相性も抜群!!
 No.2 ソラチカカード 
ソラチカカード全ANAマイラー必携の一枚。圧倒的なマイル交換率90%で他のカードを寄せつけない存在感。
 No.3 ANA VISA ワイドカード 
ANA VISA ワイドカードビジネスクラス用カウンターでの余裕のチェックインや25%ボーナスマイル等、圧倒的なコストパフォーマンスを発揮!!
 No.4 楽天カード 
楽天カード陸マイラー御用達の永年年会費無料の楽天カード。持っているだけでもお得。買い物は楽天中心にしてANAマイルを稼ぎ出せ!! 8,000ポイントプレゼント実施中を狙え!!
 No.5 エポスカード 
エポスカード年会費無料にもかかわらず270万円もの疾病治療費用補償自動付帯で付く心強いカード。補償が足りないANAカード持ちはセカンドカードとして持つべし!! 今なら2,000ポイントプレゼント実施中!!
 No.6 JCB EITカード 
JCB EITカード年会費永年無料で疾病治療費用補償自動付帯で付く2枚目のカード。補償が足りないANAカード持ちは3枚目のカードとして持つべし!!