陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
ここ数年、飛行機に全く乗らずして1年で30万マイルも稼ぎ出す「陸マイラー(おかマイラー)」が多数誕生しているのをご存知でしょうか?

クレジットカード選びの基準 ~1マイルの価値~

どのクレジットカードを利用すべきかを考えるとき、マイラーの場合あまり悩む必要はありません。なぜなら得られるポイントを全てマイルに換算(交換)し、マイルの合計数が最大となるカードを選べばよいからです。

例えば、楽天で買い物をする際、ANAカードを使うか楽天カードを使うかを考えると、獲得可能なマイル・ポイントはANAカードでは1,000円=10マイル、楽天カードは1,000円=10楽天ポイント=5マイルです。最初に書いた通り、単純にマイルで比較すれば良いので、おのずと利用すべきはマイル獲得数の多いANAカードになります。

「せっかく10円分のポイントがあるのにそれを5マイルにするなんて価値半減」などと言う人がいれば、それは真のマイラーとは言えません。これは1マイル=1円と考えていることから生じる誤解です。

最初に結論を書いておきましょう。1マイル=約10円です。

先の例で言うと、10楽天ポイントは10円の価値にすぎませんが、マイルに交換すれば5マイル=50円の価値となります。ですからマイルに交換しない手は無いのです。

でも、なぜ1マイル=10円の価値なのでしょうか?それはマイルの使い道に答えが隠されています。貯まったマイルは通常どうしますか?そうですね。特典航空券に交換して空の旅を楽しみます。その特典航空券はどこからどこへの旅で、何マイル必要で、購入するとしたらいくらしますか?そう考えると1マイルの真の価値が見えてきます。

マイラーにとって最大の価値を生む特典航空券。それは長距離国際線のファーストクラスの特典航空券です。例えば東京~ニューヨーク間をファーストクラスで往復する航空券を購入すると約190万円します。しかし特典航空券であれば、レギュラーシーズンで、たったの15万マイルで旅をすることができるのです。このとき、1マイルは幾ら分の価値となっているかと言うと、1マイル=12.6円です。

ではビジネスクラスだったらどうでしょうか?東京~ニューヨーク間をビジネスクラスで往復するには約80万円かかります。これを特典航空券で旅するとなればレギュラーシーズンで85,000マイルです。つまり1マイル=9.4円になります。

マイラーの最後のゴールはこの長距離国際線ファーストクラスやビジネスクラスの旅。だからこそ1マイル=約10円と考えるのが妥当なのです。

 他の陸マイラーさんたちはこちら 
にほんブログ村へ
ひともし
作成日 2015年07月16日 23時04分
更新日 2016年07月31日 10時33分
1114文字
このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメのカード
 No.1 ANA VISA ワイドゴールドカード 
ANA VISA ワイドゴールドカード航空便遅延保険が付帯して、1ワールドポイントが10マイルに無料で交換可能。空マイラー・陸マイラー共に大活躍の1枚!! SFCとの相性も抜群!!
 No.2 ソラチカカード 
ソラチカカード全ANAマイラー必携の一枚。圧倒的なマイル交換率90%で他のカードを寄せつけない存在感。
 No.3 ANA VISA ワイドカード 
ANA VISA ワイドカードビジネスクラス用カウンターでの余裕のチェックインや25%ボーナスマイル等、圧倒的なコストパフォーマンスを発揮!!
 No.4 楽天カード 
楽天カード陸マイラー御用達の永年年会費無料の楽天カード。持っているだけでもお得。買い物は楽天中心にしてANAマイルを稼ぎ出せ!! 8,000ポイントプレゼント実施中を狙え!!
 No.5 エポスカード 
エポスカード年会費無料にもかかわらず270万円もの疾病治療費用補償自動付帯で付く心強いカード。補償が足りないANAカード持ちはセカンドカードとして持つべし!! 今なら5,000ポイントプレゼント実施中!!
 No.6 JCB EITカード 
JCB EITカード年会費永年無料で疾病治療費用補償自動付帯で付く2枚目のカード。補償が足りないANAカード持ちは3枚目のカードとして持つべし!!