陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
ここ数年、飛行機に全く乗らずして1年で30万マイルも稼ぎ出す「陸マイラー(おかマイラー)」が多数誕生しているのをご存知でしょうか?

ANAビジネスクラス特典航空券で行くニューヨークの旅 ③NH10便 NRT→JFK編⚡

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族にとって人生初のANAラウンジを2時間半近く満喫すると、「飛行機の写真も撮りたい」という家族の希望もあり、少し早目に搭乗ゲート47番口に向かうことになりました。「ANAラウンジの感想は?」と家族に聞くと、「食べ物もお酒もとても美味しかった。いつもは搭乗口付近でずっと待ってるだけだったけど、こういう過ごし方もあるんだね、ありがとう」と丁寧にお礼を言われました。また帰りの便でラウンジ満喫しましょう!

陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
成田空港第1ターミナルのビジネスクラス専用チェックインカウンターでチェックインして保安検査、出国手続きを無事終え、免税店を巡った時点で、出発まで3時間。残りの時間はANAラウンジでゆっくりくつろぎます...

47番搭乗口に到着すると、なんとそこにはすでに長い行列が出来ていました。チェックインカウンターといい、搭乗ゲートといい、エコノミークラスはどんだけ並ぶねんって感じです。

47番搭乗口

窓から外に目をやると、そこには本日お世話になるB777-300ER、登録番号JA786Aがいて、ボーディングブリッジも接続されていました。後で調べてわかった事ですが、このJA786Aは2016年10月30日にANAが羽田〜ニューヨーク便を初就航させた際に使われた機材と同じです。

B777-300ER JA786A

20〜30分ほど写真を撮ったりトイレに行ったりしてると、ビジネスクラスの搭乗がスタートしました。さすがB777-300ERだけあって、ビジネスクラスのお客さんだけでもかなりの人数で、軽く行列が出来上がってました。そしてすかさずチェックしたのは、子供の人数。大人ばかりで、我が家の子供たちは浮いちゃうのかなと思っていたら結構子供多くてひと安心。どういう事情で「子連れビジネスクラス」なのか想像するのですが、実際理由なんぞわかるはずもなく「あぁ、この人はガチでお金持ちなのかなぁ」「この人は海外駐在してる人で会社のお金でビジネスとったのかなぁ」と思いを巡らせますが、揃いも揃って6人もの団体客がよもやマイルでビジネスクラスだとは誰も思いもしないでしょう。

そんな下衆な詮索はこれ位にしておいて、いよいよ搭乗ゲート通過です。

ゲート通過

初めてのビジネスクラス

機内に入るとすぐスタッガード仕様のビジネスクラスの座席がずらりと並んでいる光景が目に入ってきました。これは思ったよりも凄い!広い!互い違い配置された座席は全ての座席において隣の人を気にする事無く通路に自由に出入りする事ができるスタッガードシート、考えた人は天才ですね。

6人ともなると座席配置をどうするか結構悩みます。色々と考えたあげく、飛行機オタクの私と息子を窓側の席に。その隣というか斜め隣の中央部に残りの家族の席を用意しました。ふと目をやると、なにやら立ち上がって話し込んでいます。スタッガードシートの場合、これまでの座席と違って隣の人と話すのも一苦労。こうして立ち上がらないと会話もできません。

ビジネスクラスの通路中央部で立ち上がって談笑する家族たち

その頃、窓側に席をとった息子は何してるかと思ったら、非常用脱出方法が書かれた冊子に目を通してました。シートベルトもして、こちらはもう準備万端みたいです。

非常用脱出方法の説明書を読む子供

ANAビジネスクラス スタッガードシート仕様

ここで、ANAビジネスクラスのスタッガードシートをたっぷりと紹介しましょう。

ビジネスクラス スタッガードシート

隣がいないスタッガードシートの隣には何があるのかというと、ご覧のようなサイドテーブルが用意されていました。このサイドテーブル、思っている以上に便利で、飲み物を置いたり、税関書類を記入したりする際に大活躍です。私は普段はコンタクトレンズで、機内で睡眠を取る前にはメガネにするのですが、そのメガネや換えのコンタクトレンズを置いておくのにも何気に便利です。

サイドテーブル

ビジネスクラスには機内を快適に過ごすためのアメニティグッズが用意されています。

ビジネスクラスのアメニティ

一つはスリッパ。もう一つはヘッドフォン。そして最後はトラベルキットです。トラベルキットの中身は以下の通りです。

  • Bee Lovely Hand Cream 10ml
    ビーラブリーハンドクリーム。天然のはちみつとオレンジの香りが気持ちを高め、肌の深層まで栄養を届けてなめらかな肌に。
  • White Tea Facial Mist 10ml
    ホワイティフェイシャルミスト。乾燥した肌を和らげ、守ります。
  • Shea Nut & Orange Organic Lip Formula 4g
    シアナッツ&オレンジオーガニックリップ。オレンジオイルが香る、高い保湿効果を持つリップ。
  • Neal's Yard Remedies 10% OFFチケット
    表参道本店のみ、おひとり様1回限り有効。一部除外有。期限2018年12月。
  • ハブラシセット
    ハブラシと歯みがき粉のセットです。
  • 耳栓
    耳栓(イアプラグ)です。

Neal's Yard RemediesのロゴマークがついたバッグにはANAのロゴマーク入りの白いタグもついています。

ところで、電源プラグがみつかりません。あれ以前のビジネスクラスのシートではこの辺にあったのになぁと思ったらそれらしきものが見つかりました。

ヘッドフォン用のプラグ

げ、電源プラグの形状が国際汎用形状になってる!変換プラグ持ってないよーと困っていたら、実はこれ電源プラグじゃなくて、ヘッドフォンを差し込むプラグ。

電源プラグは正面モニタの下部にUSBポートとともに隠れてました。

電源・USBポート

シートを制御するコントロールパネルはこんな感じです。うーん、なにやらボタンがいっぱいあるけど、みんな使いこなせるだろうか?いちいち説明しないと駄目かな?と思ったらなんがみな適当に押して使えてるみたい。

コントロールパネル

チーフパーサーのご挨拶

搭乗後、離陸までの時間を過ごしていると、チーフパーサーの方がご挨拶に来られました。あれ、こういうのって廃止にしたんじゃなかったっけ?あれは国内線の話だったかな?こちら、子供がいて、いろいろとご迷惑おかけするかもしれないので今のうちごめんなさいしておきました。

でも、ちょっと安心してたりします。目の届く範囲内に子供・乳幼児が5人もいて、今日のビジネスクラスはキッズ率高め。もしかしたら、我が家の子供たち、コールボタン押しまくったりしないだろうかと危惧してましたが、まぁ大人しいもんでした。

ビジネスクラスをエンジョイする子供

親の心配をよそに、子供は終始こんな感じです。今回のビジネスクラスを一番楽しんでいたのはもしかしたら子供だったのかもしれません。

おしぼりとドリンクのサービス

機内サービスはおしぼりからスタートします。

おしぼり

かつてのビジネスクラスのテーブルはシート横から展開するタイプでしたが、スタッガードシートの場合は、正面モニタの下から引き出す形で展開されます。

テーブル

真っ白なテーブルクロスが敷かれ、ANAが提供する空のレストランの始まりです。

テーブルクロス

まずはジンジャーエールを頼みました。アルコールいける人はシャンパンなんか頼むのかな?それともやっぱりビール?ワイン?

ジンジャーエール

ちなみに、ノンアルコールドリンクは以下のものから選べます。もちろんおかわりし放題。

  • 緑茶"八女茶"
  • コーヒー"Brew of Nature ~大地のしずく~"
  • 紅茶
  • ブレンドハーブティー
  • ハーブティー
  • ほうじ茶
  • カフェインレスコーヒー
  • 香るかぼす ※はちみつ入り
  • オレンジジュース
  • アップルジュース
  • トマトジュース
  • グレープフルーツジュース
  • コカ・コーラ
  • コカ・コーラ ゼロ
  • セブンアップ または スプライト
  • ジンジャーエール
  • ミネラルウォーター
  • スパークリングウォーター
  • 牛乳
  • 冷緑茶

前菜

給食のようにワンプレートで提供されるエコノミークラスの食事とは異なり、ビジネスクラスの食事は複数回にわけて提供されます。そのトップバッターがこのアペタイザー。

前菜

ビジネスクラスの食事1回目 和食編

和食にするか洋食にするか。これ結構悩ましい問題ですよね。でも、私の場合、ある時から、「日本発の便では和食で決まり!」にしてるので即答です。

まずは一皿目。それぞれの料理に名前がついてましたが、全て失念しました。写真から想像して下さい。全部美味しかったです。

和食その1

エビの料理ですね。

和食その1 1品目

お魚の刺身料理だったかな。

和食その1 2品目

こちらは軽い箸休め的な一品。

和食その1 3品目

これだけで結構お腹も満たされるのですが、和食のメインはご飯と味噌汁とともにこれからやってきます。

和食その2

そしてこれが、和食のメインになります。

和食その2メインディッシュ

どうですか、このエコノミークラスとの差。もちろんエコノミークラスの食事も美味しいのですが、電子レンジでチンした感がどうしても拭えません。その点ビジネスクラスの食事はそういったインスタントさが全く感じられません。座席シートの素晴らしさもさることながら、料理の素晴らしさもビジネスクラスの特筆すべき長所だと思います。

そう言えば、子供たちは和食、洋食どっちを選んだのかなと目をやると、2人とも洋食食べてました。後で教えて貰ったのですが、前菜はほとんど手を付けずだったそうな。まぁ、あれは大人な味ですね。でも洋食のメインはそれはそれは美味しかったそうです。

洋食を食べる子供

食後のデザート

食事の後には甘~いスイーツです。どこかで聞いた話ですが、このタイミングで、血糖値上げて、照明を落としてやると人間眠くなるそうで、要するに「つべこべ言わず、甘いもん食ってさっさと寝ろ!」って事らしいです。

食後のデザート

就寝時間

食事の時間が終わってしばらくすると、機内の照明が落とされて、到着2時間位前迄は就寝時間となります。

就寝時間

もちろん、寝ずに映画を見たり、ゲームをするなどして過ごしてもOKです。中にはノートPCを取り出して仕事をする人も。

私はせっかくなので、シートを180度フルフラットにして、寝てみる事にしました。

ところが、全然寝られない!! 人生初のフルフラットシートに興奮しているのか、全くもって眠ることができません。ジェットエンジンの騒音が気になるとか、フルフラットシートがイケてないとかそういうことではありません。飛行機に乗る事が楽しすぎて頭が覚醒しまくりだったのでしょう。

そこで寝るのは諦めて、少しシートを起こし、映画を見ることにしました。ここ最近忙がしすぎて全然映画も見れてなかったことですし。アカデミー賞6部門受賞の「ラ・ラ・ランド」があったので、しばし鑑賞‥‥何これ、つまらないんですけど。

映画やドラマなど多数のコンテンツが揃っていましたが、一番楽しいのは何気にスカイマップかもしれません。ジワジワと地球を進んでいく様はずっと見ていても飽きません。

そんなスカイマップを見ていて気付きました。今日はルートがいつもと違う!! 東京~ニューヨーク便はアンカレッジ付近を経由する大圏ルートを飛ぶものだと思ってましたが、今日の飛行ルートはなぜかシアトル経由になっています。

なぜかシアトル経由になったフライトルート

この旅行をする前に、「もしかしたらアラスカ上空あたりで左側の窓からオーロラが見えるかもしれないよ。見えたら速攻で教えてあげるね」などと子供たちに言っていたのですが、このルートではオーロラを見る事はできません。

ビジネスクラスの食事2回目 軽食編

そうこうしているうちに、少し小腹がすいてきました。ANAのビジネスクラスは軽食が充実してます。好きな時間に好きなだけ注文することができます。もちろん追加料金等とられる事もありません。

  • 野菜中心メニュー:グリーンピース入りアニョロティ ソテーしたジロール茸添え
  • お好み焼き
  • クロックムッシュ
  • ロースカツカレー
  • コーンスープ
  • 野菜だしスープ
  • うかい名物 豆水とうふ
  • 一風堂ラーメン 空の上のトンコツ「そらとん」
  • 舞茸うどん
  • ガーデンサラダ 山わさびのドレッシング
  • チーズプレート(ラングル、フルムダンベール)
  • フルーツ
  • Ben & Jerry's アイスクリーム
  • ミックスナッツ
  • ミックスあられ
  • フォンダンビスキュイ
  • あられ (ベジタリアン・ハラール認証済)
ANAビジネスクラスの軽食

まずはのどが渇いたので、コーラを1杯お願いしました。

コカ・コーラ

さらに注文したのは「舞茸うどん」です。

舞茸うどん

これちょっと失敗でした。舞茸のキノコ独特の臭いが結構きつくて、全体的に微妙です。これ頼むのであれば、「一風堂のとんこつラーメン」の方が良いかもしれません。特にこれからニューヨークに行く人にとって「一風堂のとんこつラーメン」は特別な存在です。なぜかって?これ現地に到着してからわかった事ですが、ニューヨーク・マンハッタンは今やラーメン激戦区になっていて、一風堂がキング・オブ・ラーメンとして君臨しているそうです。値段も非常に高め設定です。まぁいくらビジネスクラスといえど、これはインスタントラーメンの一種ですから、それほど期待してはいけませんが、今のうちに食べておく事をオススメします。ニューヨークに着いてからラーメンに飢える事もなくなるでしょう。逆に一風堂マンハッタン店を訪れて、味比べするのもよいかもせれませんね。

バニラアイスクリーム

最後の締めでいただいたのが、Ben & Jerry'sのバニラアイスクリーム。いつもハーゲンダッツばかり食べてますが、たまには他社のアイスクリームもいいものです。

ビジネスクラスの食事3回目 和食編

また飯かい!とお思いの方多数だと思いますが、到着2時間位前にもう一回食事のサービスがあります。1回目ほどがっつりしておらず、量も少な目です。

到着前の食事(和食)

ところがですね、これ全く記憶が無いのです。自分で写真を撮った形跡も無し。もしかして自分寝てた?この2回目、到着前の食事はスルーする方も多いみたいです。

ニューヨークJFK国際空港に到着

12時間にも渡る長いフライトも遂に終わりとなりました。人生初のビジネスクラスを体験した家族はいたってご機嫌で、あのキメゼリフも飛び出しました。「もうエコノミークラスに乗れない体になっちゃうよ!」

いいですよー。また1年位したら45万マイル位たまってると思います。今度は反対側、そう例えばロンドンとかどうでしょう。それとも定番のハワイにしておきます?なんか贅沢ですね。恐るべし陸マイラー!

陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
ここ数年、飛行機に全く乗らずして1年で30万マイルも稼ぎ出す「陸マイラー(おかマイラー)」が多数誕生しているのをご存知でしょうか? 仮にあなたも年間30万マイル稼ぐことができたとしたらそのマイルで何が...

次回はニューヨーク・マンハッタン到着初日の様子と、宿泊したインターコンチネンタルホテルを紹介する「ANAビジネスクラス特典航空券で行くニューヨークの旅 ④マンハッタン1日目編⚡」をお送り致します。

陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
家族にとって人生初のビジネスクラス、しかもいきなり180度フルフラットシートのスタッガードシート仕様のビジネスクラスを12時間もの長い時間満喫した後、かなり時間のかかる入国審査を済ませると、いよいよニ...

関連記事

陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
陸マイラーとしてハピタス、モッピー、PONEY、ちょびリッチ、モバトクなどのポイントサイトを活用して、1年間にわたって貯め続けてきた膨大なマイル。これを、いよいよ特典航空券に交換する時がやってきました...
陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
タイムズスクエアにあるインターコンチネンタルホテルに宿をとり、近場のDUANE readeでのショッピングや牛角での微妙な焼肉を堪能した家族は、時差ボケに悩まされる事無くぐっすり寝て2日目の朝を迎える...
陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
地下鉄を乗り継いでニューヨーク・マンハッタンを北はセントラルパーク、南は旧ワールド・トレード・センター跡地まで巡り、心地よい疲れの中で全員22時過ぎには眠りに就き、3日目はいつもより少し早い朝を迎えま...
 他の陸マイラーさんたちはこちら 
にほんブログ村へ
マイレージ ブログランキングへ
カンポ・デル・パンターノ
作成日 2017年07月01日 18時44分
更新日 2017年08月16日 23時11分
6592文字
このエントリーをはてなブックマークに追加