陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
ここ数年、飛行機に全く乗らずして1年で30万マイルも稼ぎ出す「陸マイラー(おかマイラー)」が多数誕生しているのをご存知でしょうか?

ANAビジネスクラス特典航空券で行くニューヨークの旅 ④マンハッタン1日目編⚡

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族にとって人生初のビジネスクラス、しかもいきなり180度フルフラットシートのスタッガードシート仕様のビジネスクラスを12時間もの長い時間満喫した後、かなり時間のかかる入国審査を済ませると、いよいよニューヨークに到着です。といってもJFK国際空港はマンハッタンから東へ車で小一時間ほど離れた場所にあるので、これからタクシーに乗って移動します。

陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
家族にとって人生初のANAラウンジを2時間半近く満喫すると、「飛行機の写真も撮りたい」という家族の希望もあり、少し早目に搭乗ゲート47番口に向かうことになりました。「ANAラウンジの感想は?」と家族に...

ANAが到着するJFK国際空港ターミナル7の場合、空港の外に出て、横断歩道をひとつ渡るとすぐにタクシー乗り場があります。我々は6名の団体客なので、3人・3人に分かれて2台に分乗します。

英語が全く喋れない家族用にこんなカードを事前に作成しておきました。

Please go to the following hotel.

InterContinental New York Times Square
300 West 44th Street New York, NY 10036
※ Between 8th Ave. and 9th Ave.

ドライバーにこれを見せさえすれば万事OKというわけです。自分は子供たちと一緒に3人で後発のタクシーに乗りました。

実は私ニューヨークに来るのはこれで2回目。前回は今から15年位前なので、いろいろと新しくなっている事を期待しましたが、イエローキャブ(タクシー)は何一つ変わっていませんでした。

相変わらずドライバーは移民だし、常に携帯電話を弄ったり、誰かに電話したりしています。ラジオはけたたましく鳴り響き、クレジットカードは手数料とられるし。運転は荒いし、クラクションがうるさすぎます。何が変わったかと言えば、ドライバーの携帯電話がスマホに変わったくらいでしょうか。そして高速道路もなんか知らないけど凸凹していて乗り心地最悪。こんなグチを誰かに言うと決まって言われるのが「Welcome to New York!!」

InterContinental New York Times Square

渋滞にはまった事もあって1時間半位でマンハッタンのど真ん中、本日の最終目的地「InterContinental New York Times Square」に到着しました。ちなみにタクシーの運賃は固定運賃です。その内訳は

  1. $52.00 ‥‥ タクシー料金(固定料金)
  2. $7.50 ‥‥ 有料道路料金
  3. $7.80 ‥‥ チップ(タクシー料金の約15%~20%)

で、合計$68.00位になります。こういう時は、$70あげて「$68.00で(Make it 68)」と言って$2.00お釣りをもらってもいいですし、釣りは要らない(Keep the change)と言って$70.00あげてしまうのも良いでしょう(重い荷物を手伝ってくれたお礼もかねて)。

InterContinental New York Times Square

「InterContinental New York Times Square」は44th Street、8th Ave.と9th Ave.の間にある超高層ホテルで、マンハッタンの中心部タイムズスクエアまで徒歩で数分、地下鉄の駅に至ってはドアから歩いて10歩位で行けるという立地条件最高のホテルです。

意外と知られていませんが、日本の宿泊サイトや旅行代理店経由でホテルを予約するとお一人様あたりいくらといった形でお金が必要になってきますが、インターコンチネンタルホテルのウェブサイトから直接予約すると、一部屋あたりいくらという形で請求され(ルームチャージ)、部屋のキャパシティが許す限り何人で泊まっても値段は変わりません。これはヒルトンやシェラトン等も同じです。家族3人とか4人とかで宿泊する場合、圧倒的にルームチャージの方が安く済むので皆さんも旅行の際はホテルのウェブサイトで直接予約する事をオススメします。

今回このホテルを予約するにあたっては、もちろんインターコンチネンタルホテルのウェブサイト(ihg.com)から直接予約しましたが、さすがに6人も収容できる部屋は無いので2部屋予約しました。

ホテルの上級会員制度

ところで航空会社の上級会員制度、中にはこの上級会員になるために用も無いのに飛行機に乗るといういわゆる「修行」する人まで出没する昨今ですが、ホテル業界にも航空会社同様、上級会員制度が存在していて、やはり上級会員になるために用も無いのにホテルに宿泊する「ホテル修行」を敢行する人もいるそうです。

インターコンチネンタルホテルはIHGグループのひとつで、「IHGリワーズクラブ」という会員制度があり、上級会員にはゴールド会員、プラチナ会員、スパイア会員の3種類が用意されています。

上級会員になるための各種条件やメリットなどはここでは省きますが、宿泊という非常に時間のかかる事を何度もしないといけないので、航空会社の上級会員制度よりも難易度が高い感があります。

ところが、IHGリワーズクラブの上級会員はお金で買うことが出来るのが航空会社の上級会員制度とは異なるところです。

少しややこしいですが、IHGリワーズクラブと並行して、インターコンチネンタルホテルは独自の上級会員制度を運営していて、年会費を払うとアンバサダー会員になることが出来ます。アンバサダー会員は自動的にIHGリワーズクラブのゴールド会員となるので、アンバサダー会員になったインターコンチネンタルでは格別の、IHGグループの他のホテルではゴールド会員相当のメリットを享受する事が出来ます。

Gold Ambassador会員

というわけでIHGリワーズクラブのゴールド会員、インターコンチネンタルホテルのアンバサダー会員として宿泊するつもりだったのですが、ある日ヤフオクを見ていると「IHGリワーズクラブ プラチナ会員」なるものが約2万円で出品されているのを見つけてしまいました。

調べてみると、IHGリワーズクラブの最高位のスパイア会員には3人までプラチナ会員に招待する権利が付与されている事がわかりました。つまり、スパイア会員になった人が「2万円くれたらお前をプラチナ会員に招待してやるよ」とヤフオク出品しているわけです。

2万円。微妙です。でも一旦プラチナ会員になれば、アンバサダー会員を続ける限りずっとプラチナ会員でいられるという噂もあり(真偽のほどは確かではありません)、それならばと思い切って落札してみました。するとほどなくして確かにプラチナ会員に昇格し、新しい会員証も届きました。

Platinum Ambassador会員

これで晴れて私も「プラチナ・アンバサダー会員」になる事が出来ました。インターコンチネンタルホテル宿泊時には専用チェックインカウンターでチェックインできて、無償で部屋をアップグレードしてくれ、ウェルカムフルーツやドリンクなども提供されます。

アップグレードされた部屋

颯爽とプラチナ・アンバサダー会員の会員証を取り出し、専用チェックインカウンターに行こうと思ったら、担当者のお姉さんが何やら改装工事のおっさんと喋り込んでいます。一般会員用のチェックインカウンターはがら空きです。アンバサダー会員用チェックインカウンターのお姉さんがこちらをチラ見しました。でもおっさんとの会話は終わる気配もありません。さすがニューヨーク。さすがアメリカ。この辺適当です。これが横浜みなとみらいのインターコンチネンタルホテルなら、担当者が走って出迎えてくれ、専用チェックインカウンターまで案内してくれ、さらにはウェルカムドリンクまで用意してくれるという最高級の「おもてなし」を見せてくれますが、ここはアメリカ。肩をすくめて一般カウンターでチェックインです。

部屋がどうアップグレードされたのか詳しくは説明してくれませんでしたが、高層階の見晴らしの良い角部屋を用意してくれました。おまけに2部屋とったもうひとつの部屋とは内部で繋がっているコネクティングルームです。これは便利!!

ホテルの部屋

角部屋からタイムズスクエア方面を見るとこんな感じです。

タイムズスクエア方面

眼下に目をやると8th Ave.が良く見えるのですが、ガラス一枚だけでこの高さ、高所恐怖症ってわけではありませんが、ちょっと怖かったです。

眼下に見下ろす8th Ave.

びっくりするほど広くはないけれど、スーツケースをひろげるだけの床スペースがあって良い部屋だと思います。ただ1泊$250位しました。2部屋で1泊$500なり。あと、トイレタリーですが、ウォシュレットではありません。また、バスタブが無くシャワーのみとなっているので、湯舟に浸からないと疲れが取れないよって人は別のホテルを探した方が無難かもしれません。

私もどちらかと言えば湯舟派ですが、正直なところインターコンチを選んだのはポイント(マイル)欲しさに駆られて。そこは陸マイラーですから、湯舟が無くてもポイント(マイル)が貰えるなら我慢します。

DUANE reade Port Authority店

インターコンチネンタルホテルから歩いて30秒ほどで8th Ave.に出たら右折して42丁目に下ると、そこにはDUANE readeという名のコンビニっぽいスーパーがあります。マンハッタンにはそこら中にこのDUANE readeのお店があり、とても便利です。昔は韓国系かインド系の小さな個人商店が沢山あったような気がしますが、もしかしたらDUANE readeのような大型チェーン店に駆逐されてしまったのかもしれません。

ここで明日の朝食(パン、フルーツ、飲み物)を購入しました。え?ホテルのルームサービス頼まないのかって?だってお一人様2千円位しちゃうんですもの。DUANE readeなら全員分合わせても2~3千円。節約です。

牛角 タイムズスクエア店

アメリカ名物、ニューヨーク名物って何だろうって考えると、すぐに浮かんでくるものがありません。すると子供たちから「ステーキが食べたい」というリクエストがあがってきました。なるほど、ステーキね。

というわけで、インターコンチネンタルホテルと同じ44丁目にある牛角に繰り出します。ホテルから歩いて1分位で着きます。ニューヨークに到着して最初の食べ物が牛角(笑)

店内に入るとかなり怪しい日本語で「いらっしゃいませ」と威勢良く挨拶してましたが、本当に「いらっしゃいませ」と言っていたのかは定かではありません。ただなんとなく叫んでただけのような。

店内は凄い混雑して満席状態。ウェイティングの客で溢れかえっていました。しかし!! 日本で事前に予約していた我々は「We have a reservation」とか言って名前を伝えると、すぐ席に案内してくれました。また店員は何か叫んでます。なんと言っているかは聞き取れませんでしたが、明らかに英語ではなく日本語風な言葉です。多分「ご新規6名様ご案内!!」とか言っているんだと思います。

席に案内されるまでの間、ざっと見渡した限りでは、日本人風な人は見当たらず、現地の人なのか観光客なのかわかりませんが、外国人だらけでした。

牛角タイムズスクエア店

少し前に機内食を食べたばかりだし、それほどお腹はすいてなかったので、コースはやめて単品で定番のカルビやハラミなどを注文。基本的に日本と同じシステムなので、多分英語喋れなくてもなんとかなります。

で、肝心な味ですが、100点満点中65点位。なんか肉に最初から味噌っぽい味がついちゃってるですよね。それがなんとも言えない味で、いまいち。キムチもクセが強くて全部食べ切れませんでした。

1時間半位いたでしょうか。なんだかんだ言いつつ、お腹いっぱい食べて、「もう今日は早く帰って早く寝よう」ってことでお会計。日本の牛角ですが、会計システムはアメリカ式です。テーブルで「Check please」と言って請求書を貰ったら、チップの欄があるのでそこにチップ料金か合計金額、またはその両方を書き込んで店員にクレジットカードとともに渡すと、一旦クレジットカードと請求書持ってレジに行き、その後戻ってくるとクレジット伝票とレシートが貰えます。あぁチップって本当面倒臭いですね。いい加減無くならないですかねこの制度っていうか文化。

時差ボケ無し

日本時間でいったらかなり変な時間ですが、時差ボケで「寝られない!!」って人はひとりもおらず、全員熱いシャワー浴びて無事就寝。

次回はニューヨーク・マンハッタンの観光名所をツアーに頼らず自力で巡る「ANAビジネスクラス特典航空券で行くニューヨークの旅 ⑤マンハッタン2日目編⚡」をお送り致します。

陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
タイムズスクエアにあるインターコンチネンタルホテルに宿をとり、近場のDUANE readeでのショッピングや牛角での微妙な焼肉を堪能した家族は、時差ボケに悩まされる事無くぐっすり寝て2日目の朝を迎える...

関連記事

陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
陸マイラーとしてハピタス、モッピー、PONEY、ちょびリッチ、モバトクなどのポイントサイトを活用して、1年間にわたって貯め続けてきた膨大なマイル。これを、いよいよ特典航空券に交換する時がやってきました...
陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
成田空港第1ターミナルのビジネスクラス専用チェックインカウンターでチェックインして保安検査、出国手続きを無事終え、免税店を巡った時点で、出発まで3時間。残りの時間はANAラウンジでゆっくりくつろぎます...
陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
地下鉄を乗り継いでニューヨーク・マンハッタンを北はセントラルパーク、南は旧ワールド・トレード・センター跡地まで巡り、心地よい疲れの中で全員22時過ぎには眠りに就き、3日目はいつもより少し早い朝を迎えま...
 他の陸マイラーさんたちはこちら 
にほんブログ村へ
マイレージ ブログランキングへ
カンポ・デル・パンターノ
作成日 2017年07月08日 15時22分
更新日 2017年08月16日 23時11分
5863文字
このエントリーをはてなブックマークに追加