陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
ここ数年、飛行機に全く乗らずして1年で30万マイルも稼ぎ出す「陸マイラー(おかマイラー)」が多数誕生しているのをご存知でしょうか?

ANAビジネスクラス特典航空券で行くニューヨークの旅 ⑤マンハッタン2日目編⚡

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイムズスクエアにあるインターコンチネンタルホテルに宿をとり、近場のDUANE readeでのショッピングや牛角での微妙な焼肉を堪能した家族は、時差ボケに悩まされる事無くぐっすり寝て2日目の朝を迎える事ができました。初日は時間の関係上観光を全くしておらず、ニューヨーク感ゼロでしたが今日は違います。たっぷりとニューヨークを満喫してもらいましょう。

陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
家族にとって人生初のビジネスクラス、しかもいきなり180度フルフラットシートのスタッガードシート仕様のビジネスクラスを12時間もの長い時間満喫した後、かなり時間のかかる入国審査を済ませると、いよいよニ...

朝食

現地時間6時位にみな目を覚まし、昨晩DUANE readeで買っておいたパンとフルーツで朝食を済ませました。眼下に8th Ave.を眺めながらソファに座って食べる朝食はとても美味しく感じます。ただ、「濃い目のコーヒーが足りない!! なんなら下のスタバまで買いに行く?」そう思っていたら、コーヒーマシンが部屋に付属している事を発見(扉の奥に隠れてました)。ネスカフェ・アンバサダーと同じで、カップをセットするとその場でドリップしてくれるマシンです。コーヒーを1杯飲み干すと気分スッキリ。さぁ今日は忙しい日になりそうです。

ちなみにこのコーヒー無料です。しかし部屋に置いてあるお菓子類や他の飲み物は全て有料で、センサーが設置してあり、手に取っただけで課金される仕組みになっているので、注意して下さい。

なぜか朝から仕事

このニューヨークの旅は完全プライベートな旅行なはずなのですが、なぜかこの日の朝からマンハッタン在住の方と打ち合わせが設定されました。交通費や給料なんぞ出るわけも無く、完全社畜状態の私。でもおかげで貴重な資料・情報を直接手渡す事が出来ました。打ち合わせの半分以上は雑談だったような気もしますが、現地のオススメスポット等をいろいろ教えてくれて助かりました。特にマンハッタンにおけるラーメン事情は興味深く、日本でも有名な一風堂は豚骨ラーメンを米国に持ち込んだパイオニアで、ラーメン=醤油ラーメンという認識だった米国人の意識を変え、今やラーメンと言えば豚骨ラーメンを指すまでになったとか。

Broadway(ブロードウェイ)とTimes Square(タイムズスクエア)

いよいよニューヨーク観光のスタートです。最初は徒歩で数分のところにあるマンハッタンで一番人口密度が高いと思われるタイムズスクエアを訪れます。

1ブロックほど歩くと、緑色のブロードウェイの標識が見えてきました。タイムズスクエアはブロードウェイという名のストリートと、7th Ave.が交わったところにあります。

ブロードウェイの標識

そして目に入ってきたお馴染みのこの光景。あれ、もう日清のカップラーメンは無くなってしまったんですね。

タイムズスクエア南側

やはりここに来ると「ニューヨーク・マンハッタンに来た」という気分になります。15年前のタイムズスクエアも常に人が溢れている観光スポットでしたが、現在のタイムズスクエアはさらにも増して混雑している気がします。おまけに15年前にはいなかった謎のコスプレ集団が跋扈しています。自由の女神だけでも4~5人もいます。キャラかぶってますよ。ポケモンのピカチューや、セサミーストリートのエルモなんかもいます。後で聞いた話によれば、彼らに近づくと一緒に記念写真を撮られ、一人あたり$20位請求されるとのこと。近づかない方が良さそうです。

タイムズスクエア北側

こちらはタイムズスクエアの北側です。tktsというミュージカルのチケットを売っているブースがあります。空きがあるならディズニー系のミュージカルでも鑑賞しようかと話していたのですが、全く空きがありません。それにtktsのくせに高い!! ものによりますが、人気のミュージカルの場合一人2~3万円位はしていました。まぁ英語で歌われても全然わからないだろうし、高いしってことで今回はミュージカルはパスすることに決定です。

ニューヨーク・マンハッタンの地下鉄(1回目)

タイムズスクエアを後にした我々一行は北に2ブロック程歩いて、50丁目にある「50 Street駅」から地下鉄を利用して移動します。

50 Street駅の入口

ニューヨーク・マンハッタンの地下鉄はちょっと薄暗くて微妙に治安も悪そうなので、少し心を引き締めて乗車します。たまに変な物乞いやパフォーマー(歌を歌う人が一番多いかな)がいて金をせがまれる事がありますが基本無視で。

ニューヨーク・マンハッタンの地下鉄を利用する際に必須なのがメトロカードです。メトロカードはプリペイド型のカードで、発行手数料$1.00、あとは好きな金額をチャージすることが出来ます。このメトロカード1枚でマンハッタン中の地下鉄とバスに乗ることが出来ます($2.75/回)。今回の旅では5~6回ほど地下鉄に乗る予定なので、$20.00チャージしておきました。ちなみに余った金額を払い戻す事はできません。

6人分のメトロカードとなると購入するのに随分と難儀しました。

  • 謎のPOST CODE
    支払い方法は現金かクレジットカードが選べますが、クレジットカードを選んだ場合、途中で謎のPOST CODEを聞かれます。POST CODEって郵便番号ですよね。なんで郵便番号なんでしょうか。考えても仕方が無いので、適当な数字(10001とか)を入力しておきました。

  • 2枚までしか購入できないクレジットカード
    1枚目購入し、2枚目も購入、そして3枚目となった時に、謎のエラーが出て購入することができませんでした。同一クレジットカードでは2枚までとなっているのでしょうか。別のクレジットカードを使ってみましたが、やはり3枚目でエラーとなってしまいます。なので、結局クレジットカードで購入できたのは4枚。残りの2枚は現金で購入しました。

メトロカードが入手できても地下鉄の改札を通過するのにまた一苦労です。サッとメトロカードをスワイプさせて、回転バー(東京ディズニーランドの入口にある奴と同じタイプ)を押しながら通過すれば良いのですが、意外と説明するのが難しい。まずは手本を見せて真似してと言っても、メトロカードのスワイプが早過ぎても駄目、遅すぎても駄目で、なかなかOKになりません。何度もトライすること6回目。ようやく通過する事に成功しました。

Columbus Circle(コロンバス・サークル)

初めての地下鉄の旅は1系統で北上すること1駅。「Columbus Circle駅」で下車します。

コロンバス・サークル

コロンバス・サークルに来た目的は、最近米国Amazon社に買収された事で有名な、ニューヨーカー御用達の高級ナチュラル食材店Whole Foods Market(ホール・フーズ・マーケット)です。

様々な食材が売っているこのお店では、お弁当も売っているので、お昼ご飯用のお弁当を購入しました。この店にはイートインコーナーもあってトイレも設置されているので、全員トイレを済ませておきます。旅のプランを考えている時、結構悩んだのがトイレ休憩をどこで入れるかです。駅に必ずトイレがあったり、ちょっと歩けばすぐコンビニがある日本と違って、ニューヨークではトイレ難民にならないように気をつけなければなりません。

Centarl Park(セントラルパーク)

Whole Foods Marketから徒歩でColumbus Circleを横断すると、そこはニューヨーカー達の憩いの場であるセントラルパークの西南端に到着します。セントラルパークは南北4km、東西800mに渡る広大な公園で、ピクニックにはもってこいの場所です。

セントラルパーク

少し公園内を散歩した後、適当な場所を見つけてシートを敷き、さきほどホール・フーズ・マーケットで購入したお弁当を広げてピクニック。木々に囲まれ、その隙間から覗き見える高層ビル群を眺めながら、ゆっくりと流れる時間の中で食べるお弁当は大変美味しかったです。

「知ってるかい?ニョーヨークにはリスが沢山いるんだぜ」そう子供たちに言うと全く信じてもらえませんでした。しばらくするといました。ニューヨーク・マンハッタン名物のリスたちの登場です。

ニューヨークのリス

Carnegie Hall(カーネギー・ホール)

家族のうちの一人から「カーネギー・ホールだけは見ておきたい」というリクエストがあがったので、セントラルパークを南端中央から抜けて、7th Ave.を2ブロックほど南下して、音楽の聖地カーネギー・ホールに向かいました。

カーネギー・ホール

カーネギー・ホールは1891年に創設されて以来、クラシック音楽、ポピュラー音楽などのコンサートが頻繁に開催される音楽の殿堂となっています。

ホール前にはチケットを売るダフ屋に加えて、チケットを求める人が沢山いて、騒然としてました。「お前ら2人で仲良く交渉しろよ」と思ったのは私だけでしょうか。ガイドブックには「中に入るだけならタダ」とあったので、入ってみたかったのですが、入口でのセキュリティチェックが非常に厳重なのと、入っていく人が皆一様にドレスをばっちり決め込んでたので、諦めました。

ニューヨーク・マンハッタンの地下鉄(2回目)

カーネギー・ホールの最寄り駅「57th Street 7 Ave.駅」から地下鉄N/Q系統(Qの方が急行)に乗ってダウンタウン方面(南方面)へと移動します。

2回目ともなると、慣れたもので、皆一発で改札を通過することができました。目指す駅は9駅先の「Canal Street駅」です。

Harney & Sons

Canal Street駅と言ったら、チャイナタウン。チャイナタウンと言ったらCanal Street駅。そう思っていた私でしたが、今回の目的地は違います。目指す場所はただ一つ「Harney & Sons」。

私は全く知りませんでしたが、紅茶のお店として有名だそうです。天井まである大量の紅茶の箱に梯子がかかっている様子は、まるで「千と千尋の神隠し」の「ひげじい」が働いている場所のようです。ここでお土産用の紅茶を購入。

ラッキーな事に、このお店の奥はカフェになっていて、トイレもありました。日本とは違ってニューヨークでは公衆トイレがあまりないので‥‥以下省略

ニューヨーク・マンハッタンの地下鉄(3回目)

「Canal Street駅」から今度はR/W系統に乗って2駅先の「Cortlandt Street駅」で降ります。「Cortlandt Street駅」からは、かつてワールド・トレード・センターがあった地に建設されたワン・ワールド・トレード・センターが近くに見えます。

ワン・ワールド・トレード・センター

オキュラス

ワールド・トレード・センター跡地に建設された新しいショッピングモール「ウェストフィルド・ワールド・トレード・センター」。幻想的な白い建物は「オキュラス」と呼ぶそうです。

オキュラス

Century21

この地にやってきたのはワールド・トレード・センター跡地を見るためではありません。真の目的地は「Century21」という名のショッピングセンター。

センチュリー21

事前の調査では、ニューヨークのお土産買うならこの「センチュリー21」が良いとのことだったのですが、正直期待外れ。確かに安いし品揃えも豊富ですが、「ニョーヨークに行って来ました饅頭」や「I Love N.Y.」的な商品はほとんどなく、伊勢丹や三越のようなイメージです。

このあたりから子供たちが「疲れた、もう帰ろう」と言い出し始め、がっつり買い物する予定だった「センチュリー21」での滞在時間もわずか30分程で切り上げ、帰路につきました。

ニューヨーク・マンハッタンの地下鉄(4回目)

少し歩いて「Chambers Street駅」から地下鉄A/C/E系統に乗ってアップタウン方面(北方面)へと移動します。

予定では「34th Street駅」で降りて夜のエンパイア・ステート・ビルディングを楽しむ予定でしたが、「もう帰って横になりたいよぉ」と子供たちがダダこねるので、スキップして「42 Street Port Authority駅」まで直行しました。42丁目駅と言っても地下鉄A/C/E系統のプラットフォームはかなり北寄りにあって、改札通って地上に出るとそこは44丁目で、我々の宿泊先であるインターコンチネンタルホテルの真横でした。これは便利。

夕食

夕食は44丁目の8th Ave.の角にあるフードコートのように飲食店が軒を並べる「City Kitchen」を予定してましたが、「もう外出たくなぁい。なんか買ってきてぇ」となめた態度をとる子供たち。まぁ時差ボケも少し影響しているのかな。でも買ってくるっていったってDUANE readeはいい加減飽きたし、何にするよ?ルームサービスでも頼んじゃおうか?そんな話をしていたら子供たち「マック、そうだマックがいい!! 本場のマックを食べたい!!」だそうで。本場のマックっていったって日本もアメリカも大して変わらないと思うけど。でもこれ幸いにホテルの目の前にはマクドナルドがありました。

で結局今日の夕食はマクドナルドをテイクアウトする事に。このマクドナルドがえらいいい加減な店で、注文待ちの客がごったがえしてもうカオス状態。まぁいろいろあったのですが、一緒に買いにいった家族曰く「やっぱり日本がいいよねぇ」だそうです。確かに。

今夜の夕食はマクドナルド

一泊3万近くするホテルの高層階の角部屋で、ニューヨーク・マンハッタンの高層ビル群と8番街を流れる車の姿を眺めながら、マクドナルドというジャンクフードを食べるギャップがなんだかシュールでした。

次回はいよいよ自由の女神が鎮座するリバティー島に上陸する「ANAビジネスクラス特典航空券で行くニューヨークの旅 ⑥マンハッタン3日目編⚡」をお送り致します。

陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
地下鉄を乗り継いでニューヨーク・マンハッタンを北はセントラルパーク、南は旧ワールド・トレード・センター跡地まで巡り、心地よい疲れの中で全員22時過ぎには眠りに就き、3日目はいつもより少し早い朝を迎えま...

関連記事

陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
陸マイラーとしてハピタス、モッピー、PONEY、ちょびリッチ、モバトクなどのポイントサイトを活用して、1年間にわたって貯め続けてきた膨大なマイル。これを、いよいよ特典航空券に交換する時がやってきました...
陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
成田空港第1ターミナルのビジネスクラス専用チェックインカウンターでチェックインして保安検査、出国手続きを無事終え、免税店を巡った時点で、出発まで3時間。残りの時間はANAラウンジでゆっくりくつろぎます...
陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
Author: カンポ・デル・パンターノ
家族にとって人生初のANAラウンジを2時間半近く満喫すると、「飛行機の写真も撮りたい」という家族の希望もあり、少し早目に搭乗ゲート47番口に向かうことになりました。「ANAラウンジの感想は?」と家族に...
 他の陸マイラーさんたちはこちら 
にほんブログ村へ
マイレージ ブログランキングへ
カンポ・デル・パンターノ
作成日 2017年07月09日 18時32分
更新日 2017年08月16日 23時11分
6359文字
このエントリーをはてなブックマークに追加