陸マイラーの始め方。目指せ年間30万マイル!!
ここ数年、飛行機に全く乗らずして1年で30万マイルも稼ぎ出す「陸マイラー(おかマイラー)」が多数誕生しているのをご存知でしょうか?

国内路線の搭乗券の半券(特典航空券もOK)をFAXするとデルタ航空の500マイルが貰える「ニッポン500マイル・キャンペーン」⚡

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニッポン500マイル・キャンペーン

デルタ航空は、旧ノースウェスト航空の時代からとても不思議なキャンペーンを続けています。それは、日本国内の路線に搭乗した際の半券のコピーをFAXで送付すると、デルタ航空の500マイル(スカイマイル)が獲得できるというものです(ニッポン500マイル・キャンペーンと言います)。

航空券の料金種別は関係ありません。普通運賃でも特割・旅割などの割引運賃でも、子供運賃でもキャンペーン対象です。驚くことに無償の特典航空券の半券でもOKなのです。

もうずっと延長更新され続けている恒常化キャンペーン

1年間の期間限定キャンペーンのように書かれていますが、毎年延長、実施しているもはや恒常化したキャンペーンです。カンポ・デル・パンターノが知る限りもう10年以上続けています。これだけ長く続けているということは、DELTA航空が狙いとした本キャンペーンによる顧客囲い込み施策はそれなりにうまくいっているのでしょう。

年間最大登録可能フライト数

スカイマイル一般会員は、年間10フライト分まで申請が可能です。1フライト500マイル貰えますから、年間で最大5,000マイルものスカイマイルを手にすることができるというわけです。

一方、スカイマイル・メダリオン会員(DELTA航空の上級会員)は最大40フライト(=20,000マイル)まで登録することが出来ます。

陸マイラー・修行僧と非常に相性の良い「ニッポン500マイル・キャンペーン」

陸マイラーは基本的に特典航空券でフライトするので、空を飛ぶ事によるマイル加算は一切ありません。ところがこの「ニッポン500マイル・キャンペーン」では特典航空券によるフライトもマイル加算対象となるので、陸マイラーとの相性は抜群です。もちろん多頻度のフライトをする事になる、いわゆる「修行僧」との相性も良いと言えるでしょう。

デルタ航空の狙いは「デルタ スカイマイルJCBカード」の会員増?

DELTA JCB 一般カードデルタ航空は日本国内就航路線を持つスカイマークやジェットスター等と提携していて、これらの航空会社の特典航空券に交換することも可能となっており、かなり使い勝手のよいマイレージプログラムになっています。

ただし、スカイマークの特典航空券の利用だけは、「デルタ スカイマイルJCBカード」を所持している必要があります(年会費1,500円~、初年度無料)。
※デルタ航空の提携カードならなんでもよいのですが、日本在住であれば「デルタ スカイマイルJCBカード」以外の選択肢は無いと思われます

ここら辺にDELTA航空の狙い、このキャンペーンをどこでマネタイズするかが見えてきそうです。特典航空券も含むあらゆる国内路線の搭乗券の半券によって500マイルをばらまくかわりに、実際にDELTA航空の特典航空券を利用する場合にはDLETA航空のクレジットカードが必要‥‥。なるほどよく考えられた仕組みですね。

デルタ スカイマイルJCBカード」を持っていると、スカイマイルは無期限有効となりますから、特典航空券が必要なマイルが貯まるまでゆっくりと貯めることができます。「ニッポン500マイル・キャンペーン」を有効活用すれば一度もデルタ航空に乗らずして特典航空券を手にすることも十分可能です。

「ニッポン500マイル・キャンペーン」の申請方法

STEP1 まずは無料のデルタ航空スカイマイルのマイレージカードを入手

まずは無料のデルタ航空スカイマイルのマイレージカードを入手しておきましょう。

ちなみにデルタ航空はスカイチームというアライアンスに所属しており、同じスカイチームには大韓航空、チャイナエアライン、中国東方航空、中国南方航空、エールフランス、KLMオランダ航空、アエロフロート・ロシア航空などの航空会社が所属しています。これらの航空会社を利用する機会の多い人は、このデルタ航空のマイルにマイルを集約させると良いかもしれませんね。

もちろん、デルタ航空スカイマイルのカード発行までには時間がかかりますので、国内路線搭乗の予定の有無にかかわらず、今のうちに事前に申請しておくことをオススメします。

STEP2 国内路線のどこでも良いのでフライトを利用する

絶対忘れていけないのは、搭乗券の半券を保存しておくことです。半券といっても、最近の搭乗券はチケットの半券をもぎる事は無いので、保存しておくべきチケットは搭乗券そのものだったりします。

ANABoardingPass.png

STEP3 申請用紙台紙を入手し、記入する

DELTA航空のサイトから、「ニッポン500マイル・キャンペーン」の台紙を入手することが出来ます。

台紙を入手したら必要事項を記入します。全て英語で記入しなければならないので注意して下さい。記載事項は以下の通りです。

  • スカイマイル会員番号
  • 電話番号
    頭に日本の国番号+81を付け、最初の0を除いた電話番号を記入します。例えば「090-1234-5678」の場合であれば「+81-90-1234-5678」といった具合です。
  • Eメールアドレス
  • 航空会社名
    ANAとかJALとか。
  • 便名
    ANAの場合はNHxxx、JALの場合はJLxxxと記入します。
  • 搭乗日
    記載フォーマットが「月/日/年」になっているので、間違わないようにして下さい。2017年8月18日なら、「08/18/2017」になります。
  • 出発地
    搭乗券に書いてある地名をアルファベットで記入すれば良いでしょう。
  • 目的地
    搭乗券に書いてある地名をアルファベットで記入すれば良いでしょう。

最後にコピーした搭乗券を張り付けたら完成です。搭乗券を張り付けるスペースが意外と狭く、4枚張り付けるとなると、最下部にある注意書きが隠れてしまいますが、それでも大丈夫です。

STEP4 申請用紙をFAXする

FAX送信先は

  • 03-3505-2721
  • 03-3505-2751

のいずれかです。

今時FAXなんて持ってないよという人は、最寄りのコンビニのFAXサービスを利用するか、郵送でも受け付けています。郵送の場合は「P.O. Box 823 Tsuen Wan Post Office Hong Kong」まで郵送して下さい(国際郵便になるので、コストの面からしてもコンビニでFAXすることをオススメします)。

申請の有効期限は搭乗から2ヶ月

「ニッポン500マイル・キャンペーン」の申請は搭乗から2ヶ月以内となっています。思いの外短いので、搭乗したらすぐ申請するクセを付けておくと良いでしょう。

ニッポン500マイル・キャンペーンによるボーナスマイル積算の結果と特典航空券に必要なマイル数

カンポ・デル・パンターノの場合、今年の春に行った札幌旅行でちょうど15,000マイルとなりました。この間、一切デルタ航空は利用しておらず、ニッポン500マイル・キャンペーンによるボーナスマイルでのみ貯めた15,000マイルです(30回搭乗した事になりますね)。

ニッポン500マイル・キャンペーン マイル積算状況

ちなみにDELTA航空の特典航空券として国内線のスカイマークを利用する際に必要となるマイル数は本記事執筆時点で以下の通りとなっています。

  • 15,000マイル
    福岡(FUK) - 沖縄(OKA)
    羽田(HND) - 神戸(UKB)
    神戸(UKB) - 茨城(IBR)
    神戸(UKB) - 鹿児島(KOJ)
    神戸(UKB) - 長崎(NGS)
    神戸(UKB) - 沖縄(OKA)
  • 20,000マイル
    名古屋(NGO) - 沖縄(OKA)
    名古屋(NGO) - 新千歳(CTS)
    羽田 (HND) - 福岡(FUK)
    羽田 (HND) - 鹿児島(KOJ)
    羽田 (HND) - 長崎(NGS)
    羽田 (HND) - 沖縄(OKA)
    羽田 (HND) - 新千歳(CTS)
    茨城 (IBR) - 新千歳(CTS)
    神戸 (UKB) - 新千歳(CTS)

ニッポン500マイル・キャンペーンの公式サイト

デルタ航空「ニッポン500マイル・キャンペーン」公式サイトはこちらへどうぞ。

 他の陸マイラーさんたちはこちら 
にほんブログ村へ
マイレージ ブログランキングへ
カンポ・デル・パンターノ
作成日 2017年08月15日 09時20分
更新日 2017年08月17日 23時28分
3280文字
このエントリーをはてなブックマークに追加